企業情報・企業活動

当社沿革

江戸後期 倉敷市中央1丁目に於て、海産物及び乾物の問屋業鴨井長十郎商店を手広く営む。
昭和5年1月 個人経営を法人組織に改組し、合資会社鴨井商行を設立。
昭和5年2月 倉敷市鶴形1丁目に工場を建設し、「つくだに」の生産を開始。
昭和15年2月 軍の要請により、その指定工場となる。
昭和23年7月 業容の伸展により別途に株式会社鴨井商行を設立し、従来の合資会社鴨井商行の営業一切を引き継ぐ。
昭和38年1月 「さきいか」の生産を開始。
昭和39年2月 株式会社鴨井商行は社名を「カモ井食品工業株式会社」と変更。
昭和41年9月 本社及び工場を倉敷市中島1138番地へ移転し、集中合理化を完成。
昭和43年1月 「チキンライスの素」発売。
昭和50年5月 「味まめ」発売。
昭和50年10月 工場敷地内に排水処理装置(活性汚泥法)を完成。
昭和51年8月 本社工場西に用地4,700 平方メートルを購入。(全敷地面積31,000平方メートル)
昭和56年3月 研究棟完成。
昭和57年4月 低温倉庫完成。
昭和57年5月 大阪営業所を新設。
昭和62年3月 株式会社カモ井デリカを設立。
平成6年10月 新含気調理システムを導入。
平成7年12月 中国に青島鴨井食品有限公司を設立。
平成9年1月 新含気調理食品「ゆでピーナッツ」発売。
平成10年10月 社内サーバー設置及び社内LANを整備。
平成14年10月 かね長水産株式会社は北海道茅部郡森町でいか加工品を本格生産。
平成15年4月 自家発電設備完成。
平成18年5月 青島鴨井食品有限公司 新工場完成。
平成23年10月 放射線検査設備を導入。
平成27年1月 8台目のジェットオーブンを導入。
鴨井本舗オンラインショップ

企業情報・企業活動